大阪市の分譲賃貸マンションのセレクトショップ

【分譲賃貸】って?部屋探しの前に知っておきたい賃貸との違い

賃貸を探していると目にする「分譲賃貸」は通常の賃貸と何が違うの?

「そろそろ引っ越したいな」と賃貸マンションを探していると、検索条件などに「分譲賃貸」という項目を見かける事があります。

分譲賃貸は通常の賃貸と何が違うのか、詳しくご紹介したいと思います。


◆分譲賃貸マンションとは?

もともと分譲マンションとして購入した物件を、賃貸物件として貸し出しているマンションのことです。


一般的に賃貸用マンション(家賃収入のための事業用マンションのこと)と比較して分譲マンションの方が、ハイグレードで設備が整っていることが多いです。

◆購入された分譲マンションが賃貸に出されている理由

分譲マンションが賃貸物件として出されている理由は大きく分けて2つあります。


1、購入したが事情によりに住めなくなった

住むつもりで購入したが、転勤や生活スタイルの変化により賃貸として貸し出す場合があります。

一時的に住めないときに貸し出す場合、期限付きや更新できないなどの条件には注意が必要です。


2、貸し出す目的で購入した

分譲マンションを最初から自分が使用するためではなく、不動産投資を目的として購入し、賃貸に出している場合です。


◆分譲賃貸マンションと通常の賃貸との違い

分譲賃貸と通常の賃貸の大きな違いは、購入して長く住むことを前提に建てられている点です。

ディスポーザー食洗機など暮らしを快適にする設備
24時間ごみ捨て防犯カメラの設置など共用施設の充実
・壁の厚さや床の足音が響きづらいなどの防音性の高さ

など住み心地のよさが見込めるのが特徴です。


基本的に購入している人が長く住むために、住民の「美観」への意識も高く、共用廊下やエントランスなども綺麗に保たれているなど住んでいて気持ちがいいマンションが多いのも魅力です。


◆ 分譲賃貸マンションを借りるときの注意点

分譲賃貸マンションは、前述したように部屋に対して所有者がいるため、マンション全体のルールにプラスして、所有者が定めたルールで賃貸に出されます。



特に、一時的に貸し出されている分譲賃貸マンションは所有者が「いずれまた住む」までの間「住んでくれる人」という状態です。

そのため、綺麗に住んでもらいたいと思うと、ペット禁止、タバコ禁止など、所有者によって賃貸の条件が変わります。

マンション全体の規約では、ペットOKでも、貸出ている所有者が「禁止」といっている場合もあるので借りる際は注意が必要です。


【分譲賃貸マンションの特徴まとめ 】

・通常の賃貸より長く住む前提で建設されているため「住み心地重視」が魅力

・住民の多くが購入して住んでいるため共用部を綺麗に使う人が多い

・同じマンションでも部屋によって賃貸条件が異なるため探す際に注意が必要


分譲賃貸マンションの中でも、築浅の高級マンションは設備もよく、デザイン性の高い部屋が多くあります。
次に引っ越す際の参考になれば幸いです。

他にもこんな記事が読まれています

この記事を気に入った人に、おすすめのブランド分譲マンション

Loading...